1:1

BY IN RPG製作 0

Hシーン一つ作るのに約一ヶ月かかってしまった。このペースだと2年は余裕でかかるね……
まあ1シーン目はかなり張り切ってアニメ多め+慣れない作業+コモン作成なので時間がかかって当たり前!
これからっしょこれから

ちょっと心配なのはPC環境による動作の安定性
今回からメモリロード機能を使ってアニメ表示を早くするのをやってるんだけど、もちろんロードしすぎるとエラー落ちする
その限界値がよくわからない。とりあえず960x720の画像が500枚くらいを限度にやってみましょうって感じで
なるべく沢山ロードした方がシーンがブツブツ途切れないので良いのだけど……


載せるものがないのでスクショだけ
※以下18禁※

(続きを読む…)

システム部とえろいの

BY IN RPG製作 0

思ったのだけどブログで一ヶ月の進捗を報告しつつ次の一ヶ月にやるべきことを宣言していくと捗る
ということで自分のために更新していきます

とりあえずゲームシステムの根幹部は完成
(以下18禁)

(続きを読む…)

新しいツールとか

BY IN RPG製作 0

ウディタの更新が来たので今回は画面サイズ960x720で行ってみる予定
↓(クリックで拡大)



こんな感じ。かなりデカい!
正直ゲームするだけならここまで大きいサイズにする必要は感じないというか逆に見づらいかも?
でもやっぱね、エロはデカい画面で見たいよね、ということで移行作業など一応完了

あとLive2Dも使ってみる予定



肝心のシステム部がまだなので早めに触らねば……

BY IN RPG製作 1 COMMENT

毛糸です。一ヶ月に一度更新できて一安心
とりあえず歩行キャラドットこんな感じ



自分で作ったのは顔・髪の毛・男の体以外
男の体なんか興味ないんじゃボケェ!
一応、私が自分で使うやつなので無断転載や使用はお控えください

ところでドット絵の定義って何?
上のやつ/今まで使ったものは元の解像度を2倍に引き伸ばして使い、あえてドット感を出してるんだけどそういうことでいいのかしら。どうでもいいのかしら

「頑張り」

BY IN 小説 0



夕焼けに染まる山並みを、トランペットを吹きながら眺めるのが好きだ。
屋上でたった一人。
お世辞にも上手いとは言えない音だけど、思いっきり吹くと心がすっとする。

「あれ、先客がいる」

そんな私のホームに、突然の来客。
見たところ運動部っぽい、背の高い男の人が立っていた。

(続きを読む…)

進捗(えぇっ!? 二ヶ月でこれだけ!?)

BY IN RPG製作 2 COMMENTS

毛糸です。次回作の製作に取り掛かっているのでとりあえずお披露目な感じで更新していきましょう
今後も忘れなければ定期的に進捗お知らせしながらやっていきたい所存

現在はプロットが一通り完成、キャラデザしつつ立ち絵などを描いている感じです
まずはメインヒロイン+サブヒロイン二人の立ち絵ラフ↓

(続きを読む…)

珍々満語「回転寿司」

BY IN 小説 0



回転寿司の始まりは1958年の大阪、元禄寿司という店から始まったそうだ。
多数の客を低コストでさばく。
そうして私たちは高級だった寿司を安く美味しく食べられるようになった。

************************

2016年の現在、寿司はさらに身近になった。
回転寿司チェーンがしのぎを削り合い、
寿司だけではなくラーメンやスイーツなど様々なものに手を広げ
店には家族連れも目立つようになった。

************************

先日、久しぶりにとある店舗へ行ってみた。
するとそこには板前さんはおろか、回っている寿司も無い。
テーブルにはタブレット端末が備え付けてあり
そこで食べたいものを注文すると
新幹線に乗って席に届くというシステムだった。

画期的だなと感心した一方、どこか寂しい気持ちも湧いてきた。
画一的に整えられたシャリに今解凍されたと言わんばかりの冷たいネタ。
握っている人はおろか、店員と話したのも入店時と会計時のみ。

************************

料理は温かい方が美味しい。
それは温度の話ではなく、心の話だ。
母が作ってくれた料理が料亭の味とは比べ物にならなくても
美味しいように、作った人の思いの温かさというのは
どうやったってその皿に乗ってくるものである。

それが感じられない、どこか無機質な寿司を
喜々として受け入れてている社会に、
ほとんどがキュウリで誤魔化されている
イクラ軍艦のようなむなしさを感じた。

珍々満語「自撮り棒」

BY IN 小説 0



先日、あるところに観光に行くと、女性2人が細長い棒を持って寄り添っていた。
棒の先にはスマートフォンがくっついている。
よくよく観察すると、彼女たちは写真を撮っているようだった。

****************

これが噂の『自撮り棒』というやつか。
よくよく周りを見渡すと、外国人やカップルなど、様々な人が
頼りない細長い棒に大事な携帯電話を付けて掲げている。
もし落としたら大変なことになるのに、怖くないのだろうかと思ってしまう。
心配する気持ちと同じように、私の心には少しばかり寂しい気持ちも湧き上がってきた。

****************

旅行にはカメラが付き物だ。
昔は個人用のフィルムカメラが、『写ルンです』のようなインスタントカメラ。
時代は変わってデジタルカメラが登場した後も、自分を自分で撮るというのは難しいことだった。
でもせっかくの思い出を残したい。
そこで近くにいる人に一声かける。
「写真をお願いしてもいいですか」

****************

ともすれば大事な資産であるカメラを持ち逃げされるかもしれない。
意地悪な人で適当に撮られるかもしれない。
リスクを挙げれば様々あるが、そこには人を信用するという前提があった上でカメラを預けていた。
カメラだけではない。
一声かける、そのコミュニケーションで、私たちはそこの土地に行ったという
証拠の写真だけではない、何か人の温かみのようなものも一緒に残していたように思う。

****************

「はい、チーズ」

写真を撮る時の定番のセリフだが、こんなセリフもそのうち聞かれなくなるかもしれない――
そんなことを思いながら、無機質な鉄の棒の間を早足で抜けた。

れげーぶ!第16話「追憶の火竜」

BY IN れげーぶ! 0

那子「『沙羅曼蛇』ってあるじゃん?」

澄「あの『グラディウス』の続編と言われる”サラマンダ”ですか?」

小波「凄い説明口調!」



那子「そうそう。あれさ、結構難しいじゃん? 覚えゲーではあるんだけど」

澄「私はパターン覚えるまでもなく死にますね」

小波「そうかなー そんな難しかったかなぁ」

(続きを読む…)

『ミコと見る世界』攻略記事

BY IN 未分類 6 COMMENTS

発売から一年以上経っていますが、新作から知って購入してくださっている人もいるみたいなので攻略記事です
こちらのゲームは本当に理不尽クソ難易度なので……
コメントで質問してくれた人も気づかなくて申し訳ない。メール通知がなんか動いてなくて気づきませんでした

以下攻略手順(もちろんネタバレ)

(続きを読む…)